【骨格診断】シンプルな「Tシャツ×デニム」がオシャレに決まる!似合う“デニム”の選び方

こんにちは、 カラーマルシェの磯田です。

5月に入り、半袖で過ごす日が増えてきましたね。
ここ最近は外出自粛の影響もあり、カジュアルなTシャツ×デニムの出番が増えています。

シンプルなスタイルですが、すごく格好良く着こなしている人がいます。
オシャレに見えるその秘密と着こなしのポイントを、骨格診断の視点からみてみましょう。

目次

ストレートタイプにおすすめのTシャツ×デニムスタイル

ストレートタイプの着こなし

  • シンプルで直線的なデザイン
  • Vネックなどで胸元をあける
  • 腰回りをすっきりとさせる
  • キレイ目を意識する
Tシャツシャツ×デニムスタイル(ストレート)

「上重心」「グラマラス」「メリハリボディ」なストレートタイプの方は、正統・高品質な雰囲気を意識したスタイリングがおすすめです。

首周りはシンプルに

Tシャツはシンプルなハリのある高品質なコットンのTシャツ。

首周りはすっきりとしたデザインを選びましょう。

スッキリしたVネックや、大きめにあいたUネックで女性らしくシンプルに。ストレートタイプの方は立体的なボディなので、シンプルなデザインでも地味に見えず格好良く着こなせます。

きちんと感が出るきれいめデニム

カジュアルになりがちなデニムスタイルですが、上品にみせるのがポイントです。

厚手のインディゴブルーのストレートシルエットでスッキリと。

センタープレスなどもおすすめです。
ボリューミーなワイドパンツを選ぶ時は、センタープレス入りで縦のIラインを強調すると、スタイルアップ効果が出ます。

ウェーブタイプにおすすめのTシャツ×デニムスタイル

Tシャツシャツ×デニムスタイル(ウェーブ)

ウェーブタイプの着こなし

  • 曲線的で女性的なデザイン
  • フリルやタックなどで装飾性をプラスする
  • ウエストマークをする
  • 腰回りのボリュームをカバーする 重心を上げる

「下重心」「華奢」「やわらかな曲線」なウェーブタイプの方は、足し算スタイルを心がけ、装飾のあるデザインで適度に盛るのがおすすめです。

華奢な骨格を活かして女性らしく

上半身が寂しくなりやすいので、パフスリーブやフリルなどで適度にボリュームをもたせましょう。

ソフトな質感をもつウェーブタイプは柔らかな素材で女性らしさを。
ボディラインを描くタイトフィットのリブ素材のTシャツ×デニムスタイルもウェーブタイプと好相性。
華奢な骨格を活かして、女性らしさが際立たせるのもおすすめです。

細身デニムで曲線的なボディラインを強調

下半身に重心がいきがちなウェーブタイプは、上半身にボリュームをもたせ、細身のデニムやスキニーで重心を上に持ってくると、スタイルアップ効果抜群です。

長さはクロップド丈やアンクル丈で、足首を出して女性らしさをUP!

すっきりとした細身シルエットで腰回りをゆったりとさせたテーパードシルエットも、ウェーブタイプにおすすめの一本です。 また、上深めのデザインを選ぶとスタイルアップ効果も。

ナチュラルにおすすめのTシャツ×デニムスタイル

ナチュラルタイプの着こなし

  • ゆるっとしたカジュアルスタイル
  • ⻑さやボリュームをプラスする
  • 露出を控える
  • 重心を下げる

「ラフ」「カジュアル」を意識したコーディネートがポイント。ドライな質感や、洗いざらしなどの風合いのある質感で、ゆったりしたデザインを。

ルーズなシルエットでラフに

着心地も抜群なゆったりとしたトップスがおすすめです。

骨が大きく関節も目立つため、骨感が目立たないようなシルエットを選びましょう。デザイン性のあるシルエットのTシャツも◎

ルーズなシルエットで気負わずラフに

ラフ・カジュアルが得意なナチュラルタイプは、デニムとの相性が抜群。
程よい色褪せ感のあるビンテージライクな風合いや、履き込んだような加工感がポイントです。
裾をロールアップしたりとアレンジを加えるのも◎。

こんなデニムがおすすめ

  • ボーイフレンドデニム
  • ワイドデニム
  • フレアデニム

まとめ

  • ストレートタイプはシンプルでリッチな上質なスタイリング。
  • ウェーブタイプは曲線的で上半身にボリュームを。
  • ナチュラルタイプはラフ・カジュアルでリラックス感を。

シンプルなTシャツ×デニムスタイルは骨格タイプに合わせて着こなすのがポイント。
ぜひ、骨格タイプを取り入れてオシャレに着こなしてみてくださいね。

目次
閉じる