こなれ感が出せる「ゆったりニット」骨格タイプ着こなし術

こんにちは、 カラーマルシェの磯田です。

誰もが1枚は持っている、冬の定番アイテム”ゆったりニット”。骨格タイプで苦手とされているタイプの人も、スタイリングを工夫するだけで、オシャレに着こなすことができるかも?

今回は、骨格タイプ別のゆったりニットの選び方&似合わせ術をご紹介します。

目次

ゆったりニットが似合う骨格タイプは?

ゆったりニットの特徴といえば、

オーバーサイズ
肩の落ち感
ゆるっとシルエット

骨格が強く体のラインにフレーム感のあるナチュラルタイプに一押し!

オーバーサイズのゆるっとシルエットや肩が落ちているデザインは、ストレートタイプの人が着ると着膨れしてしまい苦手なアイテム。
ウェーブタイプの人が着ると、服のボリュームがありすぎて着られている感が出てしまいます。

ストレートタイプの似合わせ術

ストレートタイプの着こなしは「スッキリと見せる」「Iラインシルエット」がポイント。

  • ネックラインはスッキリと
  • 素材は凸凹が少ないフラットなもの
  • Iラインシルエットに見えるボトムス
  • 着丈は腰骨丈

立体感のあるストレートタイプは、ゆったりニットを着ると立体的な体がさらに増して着膨れして見えてしまうので、スッキリ感があるものがおすすめです。首回りが開いているとさらに◎。

【参考】Instagram(@mmmcoco07)

ストレートパンツの組み合わせで、Iラインシルエットを。ブラックのワントーンコーデにするとより縦長効果あり。

【参考】Instagram(@m___yo__)

ゆったりニット×ロングのタイトスカートの組み合わせ。
ストレートタイプは腰回りをスッキリと見せましょう。前だけインすると、こなれ感が出ておすすめ。

ウェーブタイプの似合わせ術

ウェーブタイプの着こなしは「上に重心を持ってくる」「ハイウエスト」がポイント。

  • ざっくりと重さを感じない柔らかニット
  • ショート丈
  • ハイウエスト
  • スキニーパンツやスリムパンツで下半身を軽く
【出典】Instagram(@mmmcoco07)

ショート丈のゆったりニットとスリムパンツで上に重心を持ってくるのがおすすめ。足元は軽めを意識して華奢なデザインや軽い色をセレクト。

【参考】WEAR

スカートにインしてハイウエストで着こなすのはウェーブタイプの基本形。柔らかニット×ふんわりスカートで女性らしさを。

ナチュラルタイプの似合わせ術

ナチュラルタイプはゆったりニットは得意なアイテム!普通に着こなしてもオシャレに決まりますが、よりオシャレに着こなすポイントは、

  • ざっくり感のある重めのニット
  • ロング丈
  • AラインYラインを作る
【出典】WEAR

ざっくりとしたロング丈×スキニーパンツの組み合わせ。
スキニーパンツは足の骨感が目立ち貧相に見えてしまうので、ナチュラルタイプは苦手な形。
ボリュームのあるブーツは、足の骨っぽさを隠してくれる+足元に重みが出るのでおすすめです。

【参考】Instagram(@allureville_official)

ローゲージのニット×フレアロングスカート。
Aラインシルエットが得意なナチュラルタイプは、ロング丈のニットはインせずそのまま着るのが◎。

こなれ感が出るゆったりニット、骨格タイプ別に似合うポイント押さえて着こなしてみましょう。

目次
閉じる