冬のマストアイテム!ダウンコートは骨格タイプで選ぶのが正解

【骨格タイプ別】ダウンコートの選び方

こんにちは、 カラーマルシェの磯田です。

ここ半月ですっかりと冬の季節になりました。寒がりさんにはダウンコートは手放せないアイテム。

ダウンコートはオシャレよりも防寒できればOK!と思っていませんか?
骨格タイプに合わせたダウンコートを選ぶと、ダウンコートもオシャレなコーディネートに早変わり!

ストレートタイプはすっきりと見えるものを選ぶ

ストレートタイプは女性らしいメリハリボディが特徴。
定番のボリュームのあるダウンを着ると、着膨れしてしまいます。

ストレートタイプにおすすめのダウンコート

ボリューム控えめがおすすめ

  • マットな質感
  • ステッチが細かい
  • ステッチのふくらみが細かい(斜めだとなおGOOG)

基本のスタイリングはシンプル、Iライン。
ステッチが少なく表面がすっきりとした、ボリューム控えめを選ぶのがポイントです。

さらに、マットな質感を選ぶと膨らみが目立たず、すっきりと見えます。
逆に、ツヤあり・ステッチのふくらみがあるものは、パツパツに見えてしまう可能性が。

お尻の膨らみが強調されないひざ丈がベスト

ロングダウンは特に苦手な形。
立体感でボリュームが増したシルエットに、そのまま長さが加わり雪だるまに。

お尻の途中で途切れる長さは、ダウンがお尻の位置で広がった状態となり、ボリュームが強調されてしまいます。
また、ショート丈は上半身がたくましく見えてしまいます。

基本はひざ丈がおすすめです。

装飾はなしが正解

  • ファー付きはなるべく控える
  • フード無し
  • 立ち襟

豪華なファー付きはなるべく控えたいところ。
どうしてもファー付きが良い!という方は、毛足の長い、きれいで高級感のあるものを選んで。

フードも後ろにあるから大丈夫では?と思われがちですが、ストレートタイプは立体的で厚みがある体型。
フードがあることで、横から見たときのシルエットに厚みが出てしまいます。

立ち襟などフードがないデザインがベスト。
フードが好きなひとは、なるべくスッキリとコンパクトなフードがおすすめです。

コーディネート

Iラインシルエットを意識したストレートパンツやタイトスカートでまとめるのがおすすめ。

ストレートタイプにはNG要素がたくさんのダウンコートですが、「膨らみを出さない」を意識して選んでみましょう。

ウェーブタイプはダウンコートでボリュームアップ

上半身が華奢なウェーブタイプは、ボリュームを加えるのが基本。
ボリュームたっぷりのダウンコートは得意なアイテムです。

ウェーブタイプにおすすめのダウンコート

ボリューム増し増しがおすすめ

  • ボリュームのあるもの
  • アウトドアなデザインよりも、ウェストがシェイプされているデザイン
  • ステッチのふくらみは大きいものが◎

ダウンコートは似合うタイプですが、アウトドアテイストのカジュアルなダウンコートは、ウェーブタイプが着るともっさり感が出てしまいます。
ウェストがシェイプされている女性らしいテイストのダウンコートを選びましょう。

ショート丈がおすすめ。ロングの場合はベルト付きが◎

基本はショート丈がおすすめ。
下重心のウェーブさんは重心を上げるのがポイントです。ショート丈で上に重心をもってくるとバランスが良くなります。

ゆったりとしたロングダウンは、着せられている感が出てしまい苦手な丈。
寒い冬はロングダウン!というひとは、ウェーブタイプの基本のスタイル「Xライン」を意識して、ウェストがシェイプされているデザインや、ベルト付きを選びましょう。

装飾が得意なウェーブタイプ

  • ファー付き
  • フードあり
  • ショールカラーなど、ボリュームのある首元

ファーやフードで上半身を盛りましょう。
ショールカラーなどのボリュームのある襟も、首元が寂しくなりやすいウェーブさんにぴったりです。

コーディネート

スキニーパンツ×ダウンは、足元が軽くなり、重心を上げてくれるのでウェーブタイプおすすめコーデ。

スカート×ロングダウンのときは、Xラインを作ることができるベルト付きデザインとの組み合わせが◎。

ナチュラルタイプはダウンコートが大得意!

骨格がしっかりしているナチュラルタイプ。

骨格を目立たせない&長さを出すのがスタイリングのポイント。
ゆったり&ラフなシルエットのダウンコートは、ナチュラルタイプが得意とするアイテムです。

ウェーブタイプにおすすめのダウンコート

スタイリッシュな着こなしができるナチュラルタイプ

  • アウトドアブランドなどのスポーティーなデザインも◎
  • マットな質感
  • ウエストの絞りはないものがおすすめ

アウトドアブランドのカジュアルなダウンも、スタイリッシュに着こなせるナチュラルタイプ。
ボリュームたっぷりのロングダウンも、こなれた感じで着こなせます。

ベルト付きなどのウエスト絞るデザインは、重心が上がってしまうため気をつけましょう。

ロング丈がおすすめ

上半身がたくましく見えがちなナチュラルタイプは、重心を下げるのがポイントです。
基本は膝が隠れるロング丈がおすすめ。

ショート丈の場合は、ジョッキーブーツやボリュームのある靴などの組み合わせで、下重心になるようにしましょう。

装飾でカジュアル感をだす

  • デザイン性のある襟元、アシンメトリー
  • 大きめフード
  • ボリュームのある首元

シンプルなダウンも似合いますが、どこかに遊び心を加えたデザインも◎。
ショールカラー、フード、アシンメトリー、ファー付き、ダッフル風なんでもありです。

コーディネート

ナチュラルタイプはダウンコートが得意なので、寒い冬は大活躍のアイテム。

ボリュームのあるボトムスやブーツと合わせてAラインシルエットに。
ゆったりとしたリラックス感のあるコーディネートがおすすめです。

骨格タイプ別おすすめダウンまとめ

  • ストレートタイプはボリュームを出さない
  • ウェーブタイプはボリュームを出す、上重心にする
  • ナチュラルタイプはリラックス感、下重心にする

ダウンコートは真冬には頼りになるあったかアイテム。
もっさり見えるからダウンは苦手というひとも、オシャレにダウンコートを着こなして、冬を乗り切りましょう!

関連記事

  1. ゆったりニットが苦手?こなれ感が出せる”ゆったりニット”は骨格タイプ別で似合う着こなすのがおすすめ!

    こなれ感が出せる「ゆったりニット」骨格タイプ着こなし術

  2. パントン/2021年トレンドカラー

    2021年トレンドカラーは「イエロー」「グレー」パントンがカ…

  3. サンバリアの日傘をパーソナルカラー別に選んでみた

    サンバリアの日傘をパーソナルカラー別に選んでみた。

  4. 【顔タイプ別】似合うボアコート

    冬の定番「ボアコート」顔タイプ診断で分かる似合うボアコートと…

  5. 【顔タイプ別】似合うボアコート

    シンプルな「Tシャツ×デニム」がオシャレに決まる!骨格タイプ…

  6. 【骨格タイプ別】チェスターコートの選び方

    【骨格診断】大人女子の定番アイテム「チェスターコート」の選び…

最近の記事 おすすめ記事
  1. アンドサンドイッチ
  2. 【骨格タイプ別】チェスターコートの選び方
  3. 花園神社
  4. パントン/2021年トレンドカラー
  1. 【骨格タイプ別】チェスターコートの選び方
  2. ゆったりニットが苦手?こなれ感が出せる”ゆったりニット”は骨格タイプ別で似合う着こなすのがおすすめ!
  3. パーソナルカラー別 似合うブラウンコート
  4. 【顔タイプ別】似合うボアコート
  5. パーソナルカラー別トレンチコート