骨格タイプ「ストレート」のダウンコート選び

ウェーブタイプのおすすめダウンコート

こんにちは、 東京・新宿のパーソナルカラー診断・骨格診断「カラマル」の磯田和恵です。

ここ半月ですっかりと冬の季節になりましたね。
慌ててダウンコートを出しました。ダウンコートは寒い冬には手放せないアイテム。

駆け込みでダウンコートを新調しようとしている方、セールで新しいダウンを狙っている方、どうぞこちらの記事をご参考に。

ストレートタイプに似合うダウンコートの「形」

ボリューム控えめをセレクト。

🔹 マットな質感
🔹 ステッチが細かい
🔹 ステッチのふくらみが細かい(斜めだとなおGOOG)

もともとメリハリボディが特徴のストレートタイプが、ボリュームのあるダウンを着ると、着ぶくれしてしまい雪だるま。

常に意識してほしい基本のスタイリングはシンプル・Iライン
ステッチが少ない、表面がすっきりスッキリボリュームのないものを選びましょう。
マットな質感を選ぶと膨らみが目立たずすっきりと。
ツヤあり・ステッチのふくらみがあるものは、パツパツに見えてしまいます。

ストレートタイプに似合うダウンコート「身丈」

ボトムスに合わせてセレクト。

基本は膝丈がおすすめ
パンツの場合は下にボリュームが出てしまい、基本のIラインが崩れるてしまうため、足の付け根あたりで。
ストレートサンが得意なセンタープレスのパンツスタイルにも合わせやすい丈ですね。

ストレートタイプに似合うダウンコート「装飾」

🔹 ファー付きはなるべく控える
🔹 フード無し
🔹 立ち襟

豪華なファー付きはなるべく控えたいところです。
どうしてもファー付きが良い!という方は、毛足の長い、きれいで高級感のあるものがおすすめ。

フードも後ろにあるから大丈夫では?と思うところですが、ストレートさんは円筒形のスタイルで背中にもボリュームが感じられるのが特徴。
立体感の出すデザインは避けたいところ。横から見たときの厚みが更に増してしまいます。

立ち襟などフードがないデザインがベストですが、フードが好きな方は、なるべくスッキリとコンパクトなフードをおすすめします。

ストレートさんにおすすめのダウンコートをご紹介

ポイントを押さえたおすすめダウンコートの一例をご紹介します。

こうしてまとめるとNG要素がたくさん・・・それくらい骨格ストレートタイプにとってダウンコートは難しいアイテムなんです。

シンプルなチェスターコートで下に着こむ、がストレートタイプの冬のおすすめのスタイリングなのですが、ダウンコートも手放せないという方は、上記のポイントを参考に選んでみてくださいね。

こちらも参考に
骨格タイプ「ウェーブ」のダウンコート
骨格タイプ「ナチュラル」のダウンコート

関連記事

  1. ウェーブタイプのおすすめダウンコート

    骨格タイプ「ウェーブ」のダウンコート選び

  2. ナチュラルタイプのダウンコート選び

    骨格タイプ「ナチュラル」のダウンコート選び

  3. シンプルな「Tシャツ×デニム」がオシャレに決まる!骨格タイプ…